復帰前とは違う美容師を目指してみる

復帰前とは違う美容師を目指してみる

復帰前とは違う美容師を目指してみる

いざ美容師として職場復帰してみてもなかなか以前と同じように働くことが難しいと感じる事もあるのではないでしょうか。それは美容室側で変化があるのと同時に自分自身も色々な事が復帰前とは変わってきているからなんですね。ですが自分は以前と同じように働くことができる、と思っている人が多いのかもしれません。ですからそのギャップに悩んで結局美容師を辞めてしまうようなケースもあるようです。ですから復帰前には働く美容室も、そして自分自身の働く環境や体力も変わってしまっているのだ、という事をよく自覚しておかなくてはならないと思うのです。それは悪い意味ばかりではありません。女性は出産や育児を経験すると、それ以前の自分の価値観とはまるで違った世界が広がる、と言われてします。つまり復帰以前に独身の女性美容師として働いていた時とは全く違う感覚で働くことができるんですね。おそらくこれまではあまり興味のなかった子どものヘアカットや忙しく子育てをしているママさんたちのヘアスタイルに対してとても興味がわいてくると思うのです。そしてそういったお客さんが求めている事が本当に良く解るようになるのではないでしょうか。ですからただ若いお客さんにトレンドのスタイルを作ってあげていたのとは違うタイプの美容師として働くことができるのではないでしょうか。いくら仕事を休んでいる間ににもトレンドのチェックをしたり美容室の様子をネットで調べたり、といった事を欠かさなかったとしても、実際にハサミを持ってお客さんに接していない限りはどうしてもテクニックは衰えてしまう物でしょう。そういう技術と言うのはある程度の日数があれば感覚が戻ってくるかもしれません。問題なのはお客さんのヘアスタイルを作る際の「勘」の様なものだと思うのです。そのお客さんに対するヘアスタイルのひらめきや、「こうした方が良い」「これは辞めた方が良い」といった判断はそれまでに美容師として働いていた日々によって研ぎ澄まされてきた勘のようなものがあると思うんですね。そしてその勘はやはり実践から離れていると鈍ってくるものだと思われます。ですからいくらハサミのテクニックを取り戻したからと言っても自分を過信しない事が大切かも知れません。焦らずに自分の勘を取り戻すには、焦らなくても良い様な職場に復帰する事も大切かも知れません。確かに元々働いていた美容室に復帰するのが慣れているので良い、と思うかもしれませんが、その安心感がいざ復帰してみると思う様にいかない事への焦りとなるケースも有ると思うのです。たとえば同じ美容室に復帰するとしてもかつてのお客さんのみを担当する契約社員の様な感じで報酬を得る働き方も良いかもしれません。篠崎駅 美容室 求人 社会保険


ホーム RSS購読 サイトマップ