不満を口コミに書くタイミング

不満を口コミに書くタイミング

不満を口コミに書くタイミング

美容室から帰宅した時に、自分の思う通りのヘアスタイルになっていない、と感じる事は誰にでもあると思います。気の短い人はその段階ですぐに「あの美容室はダメだ」と言うか書き込みをしたりするものです。ですが本当はいったん落ち着いて本当にそれが美容室を非難するに値する結果なのか、と言う事をよく考えたいものです。例えば美容師の人は、その人が美容室に通っているサイクルなども頭に入れていて、その人が次回美容室に来るまでそのヘアスタイルが扱いやすい様にしておくには、少し短めに切っておいた方が良い、という判断をする場合があります。つまりその人が本来オーダーしたヘアスタイルに落ち着くのが、今すぐではなくて少し先になって落ち着く様に作っている場合があるんですね。それを「必要以上に短く切られた!」と思い込んで非難するケースもあるのではないでしょうか。もちろんそういう場合には美容師側から「少し短めにしておくので落ち着くのは少し先だと思う」と言う説明があると良いのですが、美容師の勝手な判断でそういう風に仕上がってしまう事もあるのかもしれませんね。いずれにしても批判的な口コミを書く場合には、冷静な判断が出来る状況になってからの方が良いですね。自分の発言が読む人にどれだけの影響を与えるかを考えると慎重になれるものでしょう。口コミを見た時に「この話、あの美容師さんの事じゃない?」と思われるような口コミってあまり感じの良いものではありません。もちろん良い話なら大丈夫ですし、その美容師さんとの絆も深まるかもしれませんが、逆の場合はあまり好ましい事ではありません。確かにあまり良くない美容師さんと言うのはいるかもしれませんが、たいていの美容師さんは経験や技術が足りない、と言う事はあるかもしれませんが、お客さんの為に最善を尽くそうとしている人が殆どです。その結果が上手くいかなかったとしてもそれはその美容師さんの成長過程と思って大目に見てあげるぐらいの広い心を持ちたいものです。特に行きつけにしている美容室や、これからもお世話になる美容室ならばその美容室や美容師さんとの信頼関係をうまく築いていきたいものです。直接非難するのならばまだ良いのですが、何も言わないで店を後にしたにもかかわらずネット上で個人が特定できるような内容で書き込みをするのは、人としてちょっと残念ですよね。腹が立つような事もあるかもしれませんが、そう言うときにはきちんと筋を通して美容室で直接苦情を言う方が良いです。多くの場合お客さんと美容師の間で意思の疎通が十分ではなかった、という事が多いものです。面と向かって離せば溶ける誤解もネット上では関係が悪化する事が殆どです。美容室 弘明寺 カット カラー 縮毛矯正 人気 口コミ 安い


ホーム RSS購読 サイトマップ