ハードルの低いチェーン店の美容師

ハードルの低いチェーン店の美容師

ハードルの低いチェーン店の美容師

事実ではないかもしれませんが、チェーン店の美容室の採用面接は一般的にあまり厳しくはない、と言われています。きちんと会社の条件を飲んでくれるならば、美容師としての技術面ではそんなにハードルが高くない、と言う感じです。ですからこだわりを持つ店長がいるような店では採用されないような美容師でも、チェーン店なら採用される、と言うケースもあるようです。もちろんそれはその美容師の技術があまりにも悪い、と言う事ではなくて、個人でやっている美容室の美容師としては合わなかった、と言う事になるのでしょうけどもね。ですから一般的にチェーン店は技術に関して厳しいレベルを求めたり、こだわりの技術が必要だったり、ということは無いので無難に髪を切ることが出来ればそれでOKと言う感じの所が多い様なんですね。そういう人たちが集まっているわけですから、それ以上に競争が起こる訳でもなく、いわゆる一般的な会社員と同じようにお給料をもらって仕事をこなしている、と言う感じなのかもしれません。もちろんそんな中でも個人的にレベルアップを意識している美容師もいるかもしれません。ですがそういう美容師はやがてはチェーン店ではなく自分でお店を開くとか、有名店に行く事を希望する、と言う事になるのではないでしょうか。どんな業界でも「チェーン店」というと安くて気軽に利用できるお店、と言う感じがしますよね。美容室でもそれは同じだと思いますが、美容室を選ぶ時にはただ「利用しやすい」と言う事だけで決めてしまう訳には行きませんよね。それはどうしても自分の容姿を決定づける事になるので、サービスはともかく技術の面で「チェーン店なのだから仕方がない」で終わらせてしまうわけにはいきません。ファミレスなどなら「安いんだからこの程度の味で仕方がない」と言えるかもしれませんが、髪を切ってもらう場合には「この値段なのにきちんと作ってくれる」と言う美容室をみんな探していると思うんですね。ですがおそらく多くの人たちがチェーン店の美容室を利用した時には「チェーン店なんだから仕方がない」という気持ちで店を後にするのではないでしょうか。美容師と言う仕事はやはり自分の理想を掲げて腕を磨くことにやりがいを感じる職業です。「安い店なんだからこの程度の腕で十分」と思いとどまるような美容師と言うのは、そもそも美容師としてどうなんだろう?と言う感じですよね。向上心のある美容師はそんなチェーン店で働いたりはしないのではないか、と素人は思ってしまいますよね。勿論絶対そうだ、とは言い切れませんからとても腕のいい美容師がチェーン店で働いているケースもあるかもしれませんけどもね。三軒茶屋 まつエク


ホーム RSS購読 サイトマップ