本当に追加料金を払う価値があるか

本当に追加料金を払う価値があるか

本当に追加料金を払う価値があるか

通常とは違うカラーリングの例として、オーガニックカラーなどがあります。カラーリングをお願いしたら、「プラス料金でオーガニックカラーが出来ますがいかがですか?」と言われた経験はありませんか?オーガニック、と言われると何となく髪の毛に良いような気がして、言われるがままに追加料金を支払った人もいるかもしれませんね。ですが私達は、どうしてオーガニックならば髪の毛に良いのか、そもそもオーガニックってどういう事を意味するのか、という事も良く分かっていないものですよね。ただオーガニック、というものが髪の毛に良いらしい、という漠然としたイメージしか持っていないケースが殆どです。もしかしたらそこを付け込んでくる美容室も有るかもしれない、と思うのは考えすぎでしょうか。たとえばですが同じフルーツ系のジュースでも、100パーセント果汁だと表示されたいたら、なんとなく体に良いような気がして、少々高くてもそちらを買ってしまったりしますよね。100パーセント果汁ジュースならこれぐらいの値段を出して当たり前だろう、と思っている人も多いはずです。それと同じで、オーガニックと言われたら、追加料金を支払ってでもするかちのあるものだ、という先入観が私達にはあるような気がします。美容師にはそれぞれ得意分野のカット、というのがあると思うのですが、どの分野のヘアスタイルを作るとしても、共通して「上手い」と判断できる要素があると思います。たとえばそれは「早さ」だったりするのではないでしょうか。仕上げるのが早い、というのは「ためらいなく一度のカットで思ったスタイルを作る事が出来ている」と言う事になると思うんですよね。もちろんそのお客さんの髪の量とか長さとかが違うと仕上げの時間は違ってくると思いますが、無駄な動きをしないであれよあれよと言う間に仕上がった、というケースは上手な美容師さんだったのではないでしょうか。ですが時にはあまりに早く仕上げてしまうと、お客さんに不審に思われてしまうケースもある様です。もしかして手を抜いて雑にカットしているんじゃないの?と思われるケースです。またあまりにも早く仕上げすぎるとお客さんとのトークもままなりません。ですから上手な美容師こそある程度スピードを調整しながらカットをしている、という事もあるようですね。ですから実際には私達にはそのスピード感を見せる事は少ないのかもしれません。私達だって同じ料金を払っているのに、美容室での心地良い時間を過ごす長さがあまりにも違っていたら、なんとなく損をしたような気分になってしまうかもしれません。岩槻 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ