肝臓に負担をかけない生活を送ることが肌の美容につながる

肝臓に負担をかけない生活を送ることが肌の美容につながる

肝臓に負担をかけない生活を送ることが肌の美容につながる

美しい肌を保つためには食生活や規則正しい生活が必要といわれます。これはバランスの良い栄養が肌の状態を良くして、規則正しい生活で肌の再生が正常に行われるからです。しかし食生活や生活習慣の改善は内臓の機能を整えることにつながり、それが美容のためにもなるということがあります。特に肝臓は過剰な負担がかかってもそのことに気が付きにくく、体調が悪いと思ったら肝臓疾患が重病化していたなんてことがあるくらい症状の出にくい臓器です。肝臓の働きが美容に与える影響としては、美白や肌の保護機能の低下等があり、肌トラブルとして症状が現れやすくなります。肝臓の働きが低下すると美容に必要となるビタミンBが不足することになりそれが様々な肌トラブルを引き起こすことにつながるのです。ビタミンB2は美容ビタミンといわれているほど美容に深く関わっていますが、もともと水溶性で水に溶けてしまう性質があり、体の中に蓄えておく方法がありません。だから肝臓の機能が低下してしまうとビタミンB不足となり肌のトラブルに影響が出始めるのです。スキンケアを頑張ってみても、マッサージをしてみても、運動をしてみても肌のトラブルが良くならないといったときには自分でも気が付かないうちに肝臓がその機能を低下させてしまっているかもしれません。肝臓から異常を知らせてくれることはまずありませんので自分が意識して肝臓に優しい生活を送るようにしていくと自然ときれいな肌に戻るようになりますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ