寝付けない暑い日はお風呂で体を休めよう

寝付けない暑い日はお風呂で体を休めよう

寝付けない暑い日はお風呂で体を休めよう

暑い季節で悩みの種というと睡眠です。睡眠は美容にとって最も重要なことですが、快眠できないとどんなに長く寝ても美容にいい効果を期待することはできません。寝付きが悪い人、寝付くことができない人は入浴の方法を見直してみるといいかもしれません。寝付けないということにはいくつもの原因が考えられますが、その多くは入浴で解消することができます。寝付けない理由の一つがストレスです。人間の自律神経は交感神経と副交感神経の働きのバランスによって保たれていますが、交感神経が活発な状態が続くとストレスがたまるようになります。現代社会の人は交感神経の働きが活発になりやすくストレスをため安い生活を送っています。そのためストレスが原因で寝付けないという人は増えています。副交感神経の働きを優位にするためには38度程度のお風呂にゆっくりと浸かって体を休めることが大事になります。ぬるめのお湯で休んでいると副交感神経の働きが活発になり体はリラックスモードになります。こうすると快適な睡眠をとりやすくなるのです。疲れが睡眠の妨げになることもあります。疲れた体も入浴によって解消することができるためお風呂に長めに浸かってみるといいでしょう。冷房の効いた室内と気温の高い室外を往復していると体は特に疲れを感じるようになるため、自分では対して体を動かしていなくても疲れがたまっていることがあります。体を温めて疲れを癒してあげると快適な睡眠につながり美容にもいい生活を送れるようになります。暑い季節になるとお風呂に入らずにシャワーだけで済ませてしまうなんて人も多いかもしれません。さっと時間をかけずに体の汚れを落とすことができるシャワーは忙しい生活を送っている人には便利ですが、夏は何かと肌に負担のかかる季節。美容のことを考えるならしっかりと湯船に浸かって肌をケアしてあげるといいでしょう。湯船に浸かることは様々な美容効果があります。まずはむくみの解消効果。1日働いた体には余分な水分がたまっています。特に立ち仕事を続けたからだの場合は下半身のむくみがひどくなり、なかなか解消できないと悩んでいる人も多いと思います。むくみはそのまま放置してしまうと冷え性につながったり、肥満につながったりしますので毎日解消していくようにしましょう。38度くらいのお湯に20分から30分程度浸かり、足の先から心臓に向かってマッサージしてあげるとむくみの解消につながります。お風呂に入って体を温めることは毛穴を開くことにつながります。スキンケアをするときには肌の汚れを取らないといけませんが、そのためには毛穴を開いてあげることが必要になります。毛穴の奥には角質やメイクなどの汚れが詰まっていて、毛穴を開いてあげないとこれらの汚れを落とすことができません。スキンケアを快適に行うためにも湯船に浸かるようにするといいですよ。自律神経の働きを正常に戻し、体全体をリラックスさせる効果もあります。ストレスのたまった体は血液の流れが悪くなるため美容にもよくないわけですが、お風呂に入ってストレスを解消してあげるとはだの生き生きしてきますよ。三軒茶屋 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ