先輩美容師からのアドバイス

先輩美容師からのアドバイス

先輩美容師からのアドバイス

美容専門学校の生徒の皆さんの中には「国家試験に合格して、実際に美容室で働くようになるまでに、何かやっておくべきことは無いのかな」という思いを抱く人も多いでしょう。そういう時に良く先輩美容師が言うのは「アルバイト経験がある方が良い」と言う事の様です。実際に美容室の採用面接などで「アルバイトの経験はあるか」と言う事を問う所もあるようです。アルバイトの経験がある学生の方が、多少なりとも社会の厳しさ、接客の現状を知っている人物である、という評価になるのでしょう。それは雇主となる美容室側がそう判断する、という事だけではなく、実際に働く新人美容師にとっても、「社会にスムーズになじむ」という一番難しい事を多少は経験している、という点でスムーズに馴染む事が出来るというメリットがありますし、その事は必要以上のストレスを抱えることなく自分の技術向上のための勉強に集中できる、つまり早く一人前の美容師としてデビューできる、という事につながるのではないでしょうか。美容専門学校の学生たちにとっては、その学校を卒業したら社会人としての毎日が待っている訳で、学生のうちに少しでも遊んでおきたい、という気持ちがあるのも当然ですが、学士時代のアルバイト経験が後に自分自信を助ける経験となる事は間違いないでしょう。DMを送る側の美容室では、送った後のDMがどのような扱いを受けているのか、という事を本当は知るべきですよね。送りっぱなしではそのDMがどれほど集客に役に立っているのか、という検証をする事が出来ません。経費も時間もかかるのですからDMを送っても効果が無いのであれば送っている意味がありません。ですがもしも内容を少し工夫すれば読んでもらえたり保管しておいてもらえるのであればその内容を考え直すべきでしょう。ですが送ったお客さんに向って「あのDMどうでしたか?」と聞くのも変ですし、そもそももしもDMの効果が無いのであれば、そのお客さんはお店には来てくれない可能性があります。つまりDMの効果と言うのは「DMを送ったお客さんが来店してくれるかどうか」と言う事を調べて見なければ解らないわけですよね。さらにそのお客さんが来店してくれたのがDMの効果があったからなのかどうか、という事も検証するべきでしょう。たとえばDMにクーポンやサービス券を同封しておけば、その券を持って来店する人がどの程度いるか、という事でDMの効果を知る事が出来るでしょう。またお客さんとのトークで「先日のDMでもご案内したのですが…」とさりげなくDMの話をしてみると、きちんと読んでくれているかどうか、という事をお客さんの答えや表情からはかり知る事が出来るでしょう。美容室 相模大野 トリートメント カット 白髪染め 当日予約 クーポン おすすめ


ホーム RSS購読 サイトマップ