出店せざるを得ない環境

出店せざるを得ない環境

出店せざるを得ない環境

廻りから見ていると、新しい美容室が続々と開店するのは、それだけ自分のお店を持ちたいという夢を持っている美容師が多いのだな、と思えるのですが、そういうきれいごとだけではない話も聞こえてきます。それは「出店するしか道が無くなってしまう美容師が多い」と言う事なんですね。そもそもかつてのカリスマ美容師ブーム以降、美容師になることを希望する若者たちが増加しています。ですからお店間の競争も激化していますが、美容師同士のポジション争いもなかり過熱してきている、と言えるんですね。美容室の経営が苦しいお店が多いので、経営者の側からするとじっくりと美容師が育ってベテランになってそれなりの給料を支払わなくてはならないのは経営的に厳しい、と言う事も有り、若い美容師たちを積極的に採用する傾向がある様なんですね。つまり美容師の新陳代謝が激しい方が美容室的には都合が良いのです。そして逆に美容師の方から言えば、中間層にいながらも対して給料が上がる訳ではないし、後輩たちがどんどんと追いついてくる、このままこのお店に入るのは居づらくなるし生活も苦しい、という事になってくるんですね。ベテランになる事を望まれていてそれなりの給料をもらえるのであればその美容室で働き続ける事が望ましいのですが、そうではない現状があるようなんですね。

 

なぜ美容室は新規オープンするのか

 

みなさんは町中の通りを歩いているときに「美容室が多いな」とか「こんなに美容室がたくさんあってやっていけるのかな?」などと感じたことはありませんか?いわゆる美容室激戦区ともなると、同じビルに美容室が複数件入っている事も有りますよね。美容室はコンビニほど目に付きにくいのであまり解らないかもしれませんが、その件数はコンビニよりも多い、と言われている程なんですね。そしてそれと同時に「あれ?ここの美容室また名前が変わったんじゃない?」と思う事も珍しくありませんよね。つまり件数も多いですが、閉店してしまう美容室もとても多いんですよね。件数が多ければそれだけ競合してしまうのですから、潰れていく美容室が出てくるのは当然のことなのですが、それでも新規にオープンする美容室も、閉店に追い込まれていく美容室も後を絶たないんですよね。オープンしては潰れていく、というのは他の業界では考えにくい事なのですが、美容室はそうやって一定以上の総数を保ち続けている、と言う事になるのではないでしょうか。このことを美容室の新規オープンを考えている人が知らないはずがありません。それでもお店をオープンさせる人が後を絶たないのはどういった理由があるのか、と不思議に思う事があります。

 

CHECK NOW !!

 

武蔵浦和で美容師(正社員)

武蔵浦和駅 美容室 求人 正社員

主婦・主夫歓迎の美容室求人

柏駅 美容室 求人 主婦

表参道で美容師をしよう

表参道駅 美容室 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ