通っていたお店の美容師が素敵だった

通っていたお店の美容師が素敵だった

通っていたお店の美容師が素敵だった

美容師が身近な存在であった、というのとは逆で、美容室に行かなければ美容師と言う職業についている人に合わない、という人の方が多いですよね。そういう場合には自分が通っている美容室の事が大好きだったり、そこで担当してくれる美容師の事がとても素敵だ、と思った事が美容師へのあこがれや、美容師を目指すきっかけになった、という事が多いのではないでしょうか。美容室へ行くのが大好き、美容師に逢うのが楽しみ、という人であれば、自分をこんなにワクワクさせる美容師と言う仕事は素晴らしい、と感じるに違いありません。その美容師が楽しそうに働いていたり、他のお客さんの笑顔を見たりすると、それはとてもやりがいがあり、人から必要とされている仕事である、と感じる事でしょう。自分も働くならこんな仕事がしたい、と思っても不思議はありません。また中学生や高校生、といった将来を考え始める年頃では、こういった職業はとても素敵に見えるものでしょう。美容師は若い人が多いですからちょっとした人生の先輩としてのトークもとても魅力的に感じるはずです。こんな魅力のある人になりたいと思う事でしょうね。どちらかといえば女性ならば女性の美容師に、男性ならば男性の美容師に憧れを抱くことが多いと思います。

 

髪の毛を触るのが好き

 

女性に多いと思うのですが、幼いころから自分の髪や人の髪を触るのが好きだった、という人は多いと思います。たとえば学生の頃友人の髪を触って編み込みをしてあげたりするのが好きだったり、自分自身の枝毛などを見つけてこまめにカットしたり、と言う人ですね。そういう人は髪の毛やヘアスタイルにとても興味がある、という事でしょう。ですからそういう人はそもそも美容師に向いている傾向にあるのではないでしょうか。そして自身も将来の職業を考えた時に、自分が髪の毛を触ったりヘアスタイルを考えたりスタイリングするのが好きである、と自覚すれば自然と進むべき道は美容師である、という事になるのではないでしょうか。そして実際に自分や人の髪の毛をさわったりアレンジしたりするのが好きだった、という理由で美容師を目指す人も多いと思います。実際の髪の毛ではなくても、幼いころからお人形の髪を梳かしたり編んだりするのが好きだった、という女性も多いと思います。逆に「人に髪の毛を触られると気持ち良くて好きだ」という人もいますが、美容師はその逆ですよね。自分や人の髪の毛がキレイになったり、綺麗にアレンジされたりするのが好き、という事になります。もちろん好きだから、というだけでは美容師の資質が揃っている、とはいえませんが向いている事は確かでしょう。

 

お気に入りのサロンが見つかる

 

再現性にこだわり尽くしたカット
目白にある美容院
大宮/与野で圧倒的支持率のお洒落メンズサロン
与野本町にある床屋
国内外のファッションショーで活躍するアメリ
与野本町にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ