プロ意識が見えるか

プロ意識が見えるか

プロ意識が見えるか

美容師との信頼関係というのはどのようにして築いたら良いのでしょうか。信頼関係を築く、とはいってもたとえば初めて行く美容室であれば当然のことながら担当美容師とも初対面と言う事になります。そこから何かしら尋問をしてこの美容師は信頼できるかどうか、などと確認する事はまずありませんよね。つまりその美容室へ行く時点でそこにいる美容師の事もリン来せざるを得ない状況になっている訳です。もちろんなんらかの悪い評判が耳に入ればその美容室へ行くこと自体避けるでしょう。ですがその美容室へ行くと決めたからには、そのお店の美容師に担当してもらう事は避けられません。そして多くの場合私達はその事に対してたいして疑問を持つことも無く良さそうな美容師を指名したり、とりあえず誰でも良いから、と言ってお願いすることになります。なぜ初対面の人に対して大した疑念を持たないのか、それはおそらく彼ら美容師の事を「プロである」と思っているからでしょう。見ず知らずの人でしかも美容師でもない人に髪を切ってもらうことなどまずありません。ですが美容師はいくら初対面でもそれを仕事としている「プロの人だから」という事が絶対的信用になっているのだと思います。逆に言えばそういったプロ意識の見えない美容師と言うのはとてもお客さんを不安にさせるでしょう。

 

プロ意識に欠ける

 

ではプロ意識の見えない美容師、というのはどのような美容師でしょうか。みなさんは一度担当してもらった美容師に対して技術的な事ではなく人として「この人は嫌だ」と思った事はありますか?話が面白くない、とか、容姿が好みではない、といった事ではなく、なんとなく危険を感じたりするような経験があるでしょうか。もしも一度でもそういう経験をしたら、二度とその美容室へは行かないでしょう。おそらく本当にプロの美容師と言うのは高い技術を持っているだけではなく、お客さんとの距離感もきちんと保つことが出来る人なのだと思います。どんなお客さんであってもそのお客さんが不快に思うであろう様な事は決してやらない、具体的には、必要以上に接近しないとか疑われるようなしぐさや行為はしない、というような事ですよね。「美容師なんだからお客さんに触れて何が悪いの?」というような態度をする美容師では困ります。お客さんだからと言って我慢しなければならない、という事は決してありませんよね。プロの美容師であるならばお金を支払って、自分の技術を信頼し、すべてを預けているお客さんに対して決して威圧的な態度や必要以上になれなれしくするような事はしないでしょう。プロである、という事は技術だけの問題ではなくその人の意識の問題でもありますよね。

 

新着サロン情報

 

自然な雰囲気でアナタらしい目元を華やかに演出
東花園でネイル
表情まで変わる☆印象UPのカット技術♪
北生駒にある美容院
オシャレな店内は居心地いい落ち着いた空間♪
北生駒でネイル


ホーム RSS購読 サイトマップ