新人の力加減

新人の力加減

新人の力加減

シャンプーの時の力加減と言うのは、お客さんにしてみればそのお客さんの好みがあります。たとえ新人ではなかったとしても「もう少し強くしてほしいな」「少し痛いな」と思うよ事ってありますよね。そして良く知っているアシスタントであれば「もう少し強くしてもいいですよ」というような事が言えるかもしれません。とにかくシャンプーは気持ち良いもの、という前提がありますから、美容室へ行くとまずはシャンプーで満足したいのがお客さんの本音だと思います。ところが新人のアシスタントとしてはとにかくこなすだけで一生懸命、という状況でしょう。声かけのマニュアル通り「力加減はどうですか?」と聞くかもしれませんが、もしもその時にお客さんが「もう少し強く」とか「少し手加減して」などと言ってしまうと、おそらくそのアシスタントはかなり舞い上がってしまうと思われます。そもそも初めての時は緊張しているもので、お客さんからそういう答えが返ってくるとは予想していない事が殆どでしょう。ただマニュアル通りに声をかけただけで、まさかなんらかの要望があるとは思っていない事でしょう。もちろんお客さんとしては素直に思った事を言えばよいのですし、それも新人にとっては練習の一つとなります。多くの場合お客さんは新人の力加減に対して物足りなさを感じてしまうものですよね。

 

経験が必要

 

何時も通っている美容室であれば、新人のスタッフが入店したことは直ぐに解ると思います。新しい子だな、と思った時にまずどのように感じるでしょうか。人によってはシャンプーなどは「できれば新人に担当されるの避けたいな」と思う人もいるかもしれませんし、「新人も可愛いな」と歓迎する人もいるかもしれません。ですが殆どの美容室では新人が担当するからと言って料金が安い訳ではないですよね。そしてよほどシャンプーのセンスがある新人でない限りはどうしても先輩美容師よりもシャンプーのテクニックは劣ってしまう事でしょう。つまりお客さんにとってはいつもと同じ料金を支払うのだけれども、その心地良さはこれまで程ではない事が新人が担当したとたんに判明してしまう事になります。もしシャンプーの担当者に対して指名が出来る、となったら多くのお客さんは経験をつんだアシスタントを選ぶことでしょう。そうなってしまうといつまでたっても新人のアシスタントたちは経験を積む事が出来ない事になりますから困ります。そういったお客さんにとってはちょっと物足りないシャンプーになってしまう時期、というのはどうしても美容師が育って行く過程では必要な事なんですね。ですから私達も少し寛容になって温かく新人アシスタントをみまもってあげたいものですよね。

 

今年のトレンドサロン

 

1年半から2年ほどでデビューできる環境です。
上野 美容院 採用 求人
大切にしたアットホームで居心地の良い空間
北生駒でまつエク
クセや髪質などをしっかり見極め、『なりたい』を叶えます
池袋にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ